2015.10.13リスティング広告

サイトリンクなどの広告表示オプションは必ず設定しよう

サイトリンクなどの広告表示オプションは必ず設定しよう

こんにちは。
今回は、広告表示オプションについて解説したいと思います。

広告表示オプションとは、広告にリンクや電話番号などを追加で表示できる機能のことです。広告表示オプションの設定の目的は、検索クエリの多様化への対応と広告フォーマットの最適化です。手動設定に関しては、広告主側で設定しないといけませんので、忘れないように設定をしましょう。

1. サイトリンク表示オプション

▼サイトリンク表示オプションのイメージ
photo_210104_1

【手動設定】
重要度:★★★★★
お手軽:★★★★☆

サイトリンク表示オプションは、広告文の下にリンクを表示する機能です。このリンクは、タイトルで設定されているリンクとは別のリンクを設定します。サイトリンクは、例えばお店の営業時間など、その他にユーザーに見せたい情報を載せることができます。そのため、ユーザビリティの向上と、広告の画面占有率の上昇によるクリック率の上昇が期待できます。デスクトップには、最大6個、スマートフォンには最大4個のリンクを表示することができます。

2. コールアウト表示オプション

▼コールアウト表示オプションのイメージ
photo_210104_2

【手動設定】
重要度:★★★★★
お手軽:★★★★★

コールアウト表示オプションは、サイトリンクのリンクが設定できないオプションです。サイトリンク同様、たくさん訴求ができることと、広告の画面占有率上昇による、クリック率の上昇が期待できます。サイトリンクとあわせて、必ず設定したほうがよい広告表示オプションです。

3. アプリリンク表示オプション

▼アプリリンク表示オプションのイメージ
photo_210104_3

【手動設定】
重要度:★★★☆☆
お手軽:★★☆☆☆

アプリリンク表示オプションは、ユーザーがウェブサイトに加え、アプリストア(Apple App StoreやGoogle Play)にもアクセスできるようになります。アプリ表示オプションが掲載される対象のデバイスは、スマートフォンとタブレットとなります。iPhoneユーザーに対しては、Apple App Storeに、Androidユーザーには、Google Playへ自動的に表示してくれます。ただ、アプリダウンロード数の増加が一番の目的ではなく、アプリもあるよ!という宣伝の意味合いが強いです。

4. 電話番号表示オプション

▼電話番号表示オプションのイメージ
photo_210104_4

【手動設定】
重要度:★★★☆☆
お手軽:★★★★☆

電話番号表示オプションは、すぐ電話がかけられるようにボタンをつける機能です。ユーザーがこのボタンをクリックすると、店舗やオフィスに直接電話がかかります。電話での問い合わせのほうが、申し込みにつながりやすい場合は、設定をおすすめします。また、営業時間のみに電話ボタンをつけるなどの調整をすることもできます。

5. 住所表示オプション

▼住所表示オプションのイメージ
photo_210104_5

【手動設定】
重要度:★★★☆☆
お手軽:★★☆☆☆

住所表示オプションは、店舗やオフィスの住所、電話番号も表示させることができる機能です。そのため、実際にユーザーが店舗に直接訪問してくれるチャンスが高くなります。住所表示オプションを利用するには、Googleマイビジネスという別サービスをアドワーズアカウントと同期させる必要があります。

6. レビュー表示オプション

▼レビュー表示オプションのイメージ
photo_210104_6

【手動設定】
重要度:★☆☆☆☆
お手軽:★★☆☆☆

レビュー表示オプションは、引用または要約のレビューを設定できる機能です。他人からの評価や口コミを参考にするユーザーは多いので、よいPRになります。また、このオプションのリンクをクリックされたとしても、費用がかかりません。もし、設定するときは、レビューの使用許可を取ってから、掲載するようにしてください。

7. ソーシャル表示オプション

▼ソーシャル表示オプションのイメージ
photo_210104_7

【自動設定】
ソーシャル表示オプションは、Google+のフォロワー数を表示される機能です。Google+ページの所有、100人以上のフォロワー数、Google+ページの更新頻度が多いことも条件があります。ハードルは高いですが、要件を満たしていれば、自動的にソーシャル表示オプションが表示されます。

8. アクセス履歴

▼アクセス履歴のイメージ
photo_210104_8

【自動設定】
アクセス履歴は、いつ、何回アクセスしたかを表示される機能です。Googleアカウントへのログインが条件ですが、アクセス履歴を表示することで、ユーザーに認識させることができます。また、オプトアウトを依頼することもできます。

9. 販売者評価

▼販売者評価のイメージ
photo_210104_9

【自動設定】
販売者評価は、星で5段階で評価が表示される機能です。これによって、ユーザーはどの広告主が優れたサービスを提供しているか確認できます。表示の条件は、過去12か月以内に30件以上のレビューの投稿、星3.5個以上の総合評価の獲得です。また、オプトアウトを依頼することもできます。

10. 動的サイトリンク表示オプション

【自動設定】
動的サイトリンク表示オプションは、自動的にサイトリンクが表示される機能です。広告表示の見た目については、通常のサイトリンクとほとんど同じです。クリックされても費用はかかりませんが、意図しない文言やリンク先が設定されている場合もあります。また、オプトアウトを依頼することもできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
特にサイトリンクとコールアウトについては、必ず設定するようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加