2015.10.20リスティング広告

商品リスト広告(PLA)の設定方法など+α

商品リスト広告(PLA)の設定方法など+α

こんにちは。
今回は、アドワーズの商品リスト広告(PLA)の設定方法について解説したいと思います。

ショッピング目的のユーザーは、商品の写真・価格・商品名・販売元など商品に関する情報を求めています。関連性の高い広告を配信することで、より良い結果を得ることができます。通常の検索広告よりややこしいので、何が必要か整理できるようにしましょう。

商品リスト広告(PLA)とは

▼Google検索で『金魚鉢』と検索したときの検索結果画面
photo_210106_7

商品リスト広告(PLA)とは、アドワーズ広告のひとつで、商品の写真を見せることができる広告です。自社で用意した商品データベース(商品名、詳細文、URLなど)をGoogleマーチャントセンターに送ります。そして、アドワーズ管理画面のキャンペーン設定をおこなうことで、画像広告を掲載することができます。

Googleショッピングとは

photo_210106_8

もしかすると、Googleショッピングにあまり馴染みがない方も多いと思います。Googleショッピングは2010年10月からGoogleから提供されたショッピングサービスです。

他の大手ショッピングサービス
  • Amazon
  • 価格.com
  • 楽天市場
  • Yahoo!ショッピング

Googleマーチャントセンターとは

マーチャントセンターとは、ECサイトの商品データ(商品名、詳細文、URLなど)をアップロードして管理できるツールです。PLAを実施するためには、商品データのアップロードが必須となります。また、マーチャントセンターとアドワーズのアカウントを連携が必要です。

関連する広告のサービス
  • PLA
  • Googleショッピング
  • 動的リマーケティング

データフィードとは

▼データフィードのイメージ
photo_210106_1

データフィードとは、ECサイトの商品データ(商品名、詳細文、URLなど)をマーチャントセンターなど、外部の広告配信サービスのフォーマットに変換して送信する仕組みのことです。ピンとこない方は、商品データを入力したファイルを活用して、広告配信に使うと認識してください。

その他データフィードを使ったサービス
  • 価格比較サイト(価格.comなど)
  • ECモール(amazon、Yahoo!ショッピングなど)
  • CriteoなどのDSPレコメンド広告
  • アフィリエイト

STEP1:アカウントの開設

1. Googleマーチャントセンターにログインします。
https://www.google.com/retail/merchant-center/
2. [SIGN UP]ボタンをクリックします。
3. Emailアドレスおよびパスワードを入力します。
4. 下記の英語の画面に遷移するので、下記のとおり記入します。
photo_210106_2

ショップ名には、ガイドラインがありますので、下記URLを参照してください。

Google Merchant Center ヘルプ
https://support.google.com/merchants/answer/160556?hl=ja

5. [Continue]ボタンをクリックします。
6. [Skip]ボタンをクリックします。
7. ダッシュボード画面(管理画面)に遷移するので[Settings] > [General] > [Edit settings]ボタンをクリックします。
8. [Display language]を日本語に変更の上、[Save]ボタンをクリックします。

STEP2:データフィードの登録

▼注釈
今回は、スプレッドシートによるデータフィードの設定について説明します。

1. [フィード] > [データフィードを登録する]ボタンをクリックします。
photo_210106_3

2. [モード][フィードタイプ][対象国][フィード名] を設定します。
photo_210106_4

3. 商品データの入力方法を選択します(Googleスプレッドシートを選択)
4. [アップロードのスケジュールを作成する]にチェックをします。
(『取得頻度』『取得時刻』を決めることができます。よく分からない方は、後でもチェックすることができますので、一旦チェックを外したままで問題ありません。)
5. [保存]ボタンをクリックします。
6. 新しいウィンドウが開くので[許可]ボタンをクリックします。

STEP3:データフィードの設定

▼注釈
今回は、スプレッドシートによるデータフィードの設定について説明します。

1. [フィード] > [先ほど作成したフィードの名前]をクリックします。
2. [スプレッドシートを編集]ボタンをクリックします。
3. Googleスプレッドシートが開きます。

一番最初の行に、項目名(id, title, descriptionなど)が入っていると思いますので、下記のアドワーズヘルプを参考にしながら、ECサイトの商品を入力します。また、フィードの項目の順番については、特に指定はありません。

下記URLを参考に作成してください(すべてGoogle Merchant Center ヘルプ)

Googleスプレッドシートのデータフィードの作成手順
https://support.google.com/merchants/answer/2364758?hl=ja

商品フィード仕様
https://support.google.com/merchants/answer/188494?hl=ja

お問い合わせ
https://support.google.com/merchants/?hl=ja#topic=3404818

STEP4:アドワーズアカウントとひもづける

アドワーズアカウントを所有している場合、Googleマーチャントセンターの管理画面で、[設定] > [AdWords] > [アカウントをリンク]ボタンをクリックします。
photo_210106_5

STEP5:キャンペーンを作成する

▼注釈
今回は、マーチャントセンターの管理画面からPLAキャンペーンの作成手順を記載します。

1. マーチャントセンターの管理画面で、[設定] > [AdWords] > [ショッピングキャンペーンを作成]ボタンをクリックします。
2. [キャンペーン名][販売先の国][上限クリック単価][予算]を設定します。
photo_210106_6

3. アドワーズの管理画面で、PLAキャンペーンが作成されているか確認します。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
今後、データフィードしかり、マーチャントセンターを使った広告配信手法は伸びてくると思いますので、まだ配信ができていない方は、ぜひチャレンジしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加