2015.10.23リスティング広告

リスティング広告のよくある5+1つの質問

リスティング広告のよくある5つの質問

こんにちは。
今回は、初心者の人向けで、リスティング広告のよくある質問に対して、答えていきたいと思います。

私は、どうすればテレアポをせずに、売上をあげることができるかばかり考えていました。そのとき出会ったのがリスティング広告で、なんて画期的なんだ!と心を奪われてしまいました。しかし、当時は、周りでリスティング広告に詳しい人間がおらず、わからないことが多すぎて困りました。少しでもお役に立ててればいいなと思います。

Q1:リスティング広告とは何ですか?

A:リスティング広告とは、検索結果画面に掲載されるクリック課金制の広告です。

リスティング広告枠のリンクをクリックすると1クリックあたり数円~数千円の料金がかかります。リスティング広告は、オークション制になっているので、キーワードによって1クリックあたりの料金が異なります。ただし、広告が表示されるだけでは料金は一切かかりません。

Q2:どこに掲載されますか?

A:GoogleやYahoo! JAPANなどの検索結果ページです。

それぞれの媒体へ申し込む必要がありますが、2つの媒体で約90%以上を網羅することができます。両媒体とも同じリスティング広告のサービスですが、それぞれの特色があるといえます。ターゲットユーザーを増やすことができるので、両媒体とも掲載することをおすすめしています。

▼Google検索で『iphonese』と検索したときの検索結果画面
photo_210107_1

Q3:広告専用のランディングページを作成した方がいいですか?

A:はい、必須ではありませんが、作成した方が効果的なことが多いです。

1ペラのランディングページ作成の相場は、30万~50万円ほどです。もう少し節約したい場合は、ランサーズクラウドワークスなどのクラウドソーシングも検討しましょう。

▼ランサーズ
photo_210107_3

Q4:スマホページはあった方がいいですか?

A:はい、スマホページは先行投資も含め必須です。

ニールセン社の調査で、スマホ利用数(2015年9月時点)が5,000万人を超えたと公表されました。利用者数では2年前の同時期と比較して150%と大きく伸長しているが、増加率では4%前後と少し鈍化傾向にあるようです。

▼スマートフォンからのインターネット利用人口推移および増加率
photo_210107_2

出典:ニールセン株式会社

Q5:リマーケティングは効果的ですか?

A:はい、効果的であることが多いです。

リマーケティングとは、自社サイトに訪れたことがあるユーザーに対して広告を配信する手法のことです。新規ユーザーよりも購入までのハードルが下がっていることが多いので、費用対効果の高い広告といえます。また、バナー広告を作成して配信できるので、訴求できるポイントが多くなります。

Q6:売上は本当に伸びますか?

A:売上は伸びることが多いですが、儲かるとは限りません。

リスティング広告は、今やオンラインマーケティングの定番のひとつといえるでしょう。しかし、『リスティング広告を出稿するだけで儲かる』ことはほとんどありません。競合他社でも、当然のように対策されているので、リスティング最適化は必要不可欠です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
広告主からの質問内容はほぼ同じなので、よくある質問としてまとめてみました。これからリスティング広告を実施しようと検討している方は、是非参考にしてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加