2016.1.8ディスプレイ広告

【YDN】テンプレート広告とインフィード広告の違いは?

【YDN】テンプレート広告とインフィード広告の違いは?

こんにちは。
今回は、YDNのテンプレート広告とインフィード広告の違いについて解説したいと思います。

答えを先に書きますが、テンプレート広告は掲載フォーマット、インフィード広告は広告掲載方式です。まず、掲載フォーマットと広告掲載方式をそれぞれ比較すると違いがわかりやすいと思います。

掲載フォーマットの比較

YDNの掲載フォーマットは、『テンプレート』『ディスプレイ』『テキスト』の3種類あります。『テンプレート』は、2015年4月に新しく追加された掲載フォーマットです。

それぞれの掲載フォーマットを比較した表が下記になります。

テンプレート ディスプレイ テキスト
表示例 photo_220102_1 photo_220102_2 photo_220102_3
画像 ○(※)
タイトル
説明文
ボタン

(※)補足
画像自動付与で[設定する]を選択している場合、テキスト広告でも自動的に画像が付与されます。テンプレート広告との違いは、どのような画像とセットで掲載されるか決めることはできませんが、クリック率を重視する場合が多いので、[設定する]を選択するようにしましょう。

広告掲載方式の比較

広告掲載方式とは、キャンペーンの目的のことでユーザーの興味関心に連動させて広告を掲載するかどうかを決定します。

広告掲載方式の比較は、下記の表になります。

テンプレート ディスプレイ テキスト
インタレストマッチ
ターゲティング
インフィード広告
モバイル

つまり、広告掲載方式を[インフィード広告]と選択した時点で、掲載フォーマットは『テンプレート』のみになります。同様に、広告掲載方式を[ターゲティング]と選択した場合は、『テンプレート』『ディスプレイ』『テキスト』から掲載フォーマットを選ぶことができます。

テンプレート広告について

掲載フォーマットと広告掲載方式を比較したところで、次は、テンプレート広告について解説したいと思います。

1. 『画像』はアイキャッチ画像

テンプレート広告は『画像』『タイトル』『説明文』『ボタン』のすべてが揃っています。『画像』については、ウェブデザインの1つとして定着しているアイキャッチ画像のような機能をもっています。

▼ブログ×アイキャッチ画像の例
photo_220102_4

弊社のブログでもそうですが、ブログにはアイキャッチ画像を使用しています。アイキャッチ画像の目的は、たくさん読んでもらうためにクリック率を高めることです。そのため、画像についてもディスプレイ同様、クリック率が上がるように工夫をすることが重要です。

2. 画像サイズについて

『300×300』『1200×628』と特殊なサイズを使用します。特に、インフィード広告を掲載する場合は、どちらのサイズについても準備することをおすすめします。

▼あわせて読みたい
【2016年最新】GDN・YDNバナーサイズ一覧

3. テンプレート広告の広告タイプ

少しややこしいですが、テンプレート広告は『レスポンシブ』『広告枠固定サイズ(300×250)』の2つの広告タイプに分類されます。

レスポンシブ 広告枠固定サイズ(300×250)
ターゲティング
インフィード広告

①レスポンシブ

デバイスや広告掲載面、広告枠のサイズにあわせて、自動的に広告のレイアウトとその構成要素を最適化して表示します。 最大の特徴は、Yahoo! JAPANのトップページへの掲載が可能という点と、画像が勝手にトリミングされてしまうという点です。トリミングについては、事前に画像がどの範囲で表示されるか確認ができる画像表示シミュレーターもあるので、活用してください。

②広告枠固定サイズ(300×250)

レスポンシブとの違いは、レイアウトを指定できる点と、カラーテーマを設定できる点です。全部で3種類のレイアウトから選択することができます。名前に(300×250)とついていますが、入稿するバナーサイズは違うので注意が必要です。

スクエアバナー(トップ) ワイドバナー(トップ) ワイドバナー(ミドル)
表示例 photo_220102_5 photo_220102_6 photo_220102_7
サイズ 300×300 1200×628 1200×628
容量 150KBまで 400KBまで 400KBまで

名前まで覚える必要はありませんが、フォーマット別の成果をテストしてみることをおすすめします。

まとめ

テンプレート広告とインフィード広告の違いについて整理できたでしょうか。ディスプレイやテキスト中心に配信をしてきた方は、これをきっかけにテンプレート広告の掲載も試してみてくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加