2016.1.4ディスプレイ広告

リマーケティングの初期設定とリストの作成

リマーケティングの初期設定とリストの作成

こんにちは。
今回は、リマーケティングの初期設定とリストの作成について解説をしたいと思います。

リマーケティングとは、一度サイトに訪れたことがあるユーザーに広告を配信することです。リマーケティングを実施するには、リマーケティングタグの設置とリストの作成が必要です。初心者の方でもわかりやすいようにまとめたので、ぜひ参考にしてください。

リマーケティングの初期設定

1. 管理画面左側の[共有ライブラリ]をクリックします。
photo_220203_1

2. ユーザーリストの[表示 »]をクリックします。
photo_220203_2

3. ウェブサイト訪問者の[リマーケティングを設定]をクリックします。
photo_220203_3

4. [リマーケティングを設定]ボタンをクリックします。
photo_220203_4

5. [サイト用のリマーケティングタグを表示]をクリックし、タグを確認します。メールアドレスを入力し[続行]をクリックすると手順とタグが送付されます。
photo_220203_5

リマーケティングタグの設置

リマーケティングタグは、自社サイトのすべてのページに設置します。また、設置箇所は</body>の直前に設置してください。

リストの作成

1. [リマーケティングリスト]ボタンをクリックし[ウェブサイト訪問者]を選択します。
photo_220203_6

2. 任意のリスト名・任意の条件・期間を入力します。
photo_220203_7

応用:組み合わせリストの作成

組み合わせリストとは、上記で作成したリマーケティングリストを組み合わせることによって、独自のリストを作成する機能のことです。

1. [組み合わせリスト]を選択し、[ユーザーリストを選択]をクリックします。
photo_220203_8

2. 任意のリストを選択し、[OK]をクリックしてください。
photo_220203_9

3. [選択したユーザーリスト以外]を設定することで、除外することもできます。
photo_220203_10

上手なリストの作成方法

有効期間は、1日・7日・14日・30日…とユーザーリストを分けて作成することをおすすめします。「申込ページ_来訪ユーザー_30日」のように、リスト名に期間を含めると管理がしやすくなります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
リマーケティングは、HTMLを編集したり、リストを作成したりするため、少し内容が難しいかもしれません。しかし、リマーケティングは、費用対効果の高い広告なので配信することをおすすめします。この機会にぜひリマーケティングを始めてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加