リスティング広告の運用は専門家にお願いするのが一番です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金融機関に対して情報伝達サービスをおこなっている株式会社アイフィスジャパン様。2015年に東証一部上場を果たし、現在は投資情報事業、金融ドキュメント事業のほか、新規事業にも積極的に取り組まれています。今回お取り組みさせていただいたのは、リスティング広告の運用代行です。お話を伺うのは経営企画室リーダーの細田様で、本インタビューでは、運用代行に至るまでの経緯、実際の取り組みで感じたことを聞かせていただきました。

――まず担当されている業務内容についてお聞かせください。

細田様:経営企画室に所属していて、新規事業を担当しています。入社以来、金融ドキュメントの営業部に所属していましたが、新しい価値をどんどん生み出していこうという会社の方針もあり、新規事業を任されるようになりました。Webマーケティングとしてリスティング広告のほかSEO対策にも積極的に取り組んでいるので、ライターやマーケティングチームの管理などもおこなっています。

依頼のきっかけ

――リスティングの運用を委託するまではどのような課題を抱えていましたか?

細田様:2年前に新規事業を立ち上げることになり、プロモーションの一環として社内でリスティング広告の運用を始めました。最初はマーケティング担当者が広告運用をおこなっていたのですが、時間がかかりすぎてしまうことが悩みでした。その際に御社を検索で見つけ、問い合わせさせていただきました。

――リスティングの運用代行会社を何社か比較し、最終的に弊社を選んでいただいたと聞きました。

細田様:はい。御社を含め複数社に広告運用のご提案をもらいました。その中で御社に決めたのは、問い合わせ前に見たホームページがあまり広告っぽくなかったことと、プレゼンを受けた際に確実な知見を持っていると感じたことが理由です。私がリスティング広告の仕組みや運用の内容についてご質問させていただいたときもしっかり回答してくださったので、信用できました。

――他社のプレゼンと比較し、印象に残ったことはありますか?

細田様:良い意味で営業っぽくなかったことが印象に残りました。私自身がもともと営業出身の人間なので、実績重視で話すプレゼンよりも、「今はこうなっているから、こうしたほうが良いです」というような実際に弊社のアカウントを見た上での改善提案が一番響きました。

広告運用を開始して

――実際に弊社で運用を始めてみていかがでしたか?

細田様:レポートの作成から、キーワードの選定、改善案まで御社に出していただいているので、社内でおこなっていた業務は格段に減りました。リスティング広告は設定や分析、入稿などとにかく作業が多い上、頻繁に仕様が変更されるので、自社で運用する場合はどうしても一人専任で付ける必要があると思います。御社に依頼してからは、核となる部分を伝えるだけで成果を出してもらえるようになりました。

――リスティング広告に割いていた時間が減った、ということですね。

細田様:そうですね。社内の担当者が勉強して運用するよりもプロに任せたほうが早いし、成果も出やすい。自社で運用する場合の人件費とのバランスを考えても、御社に依頼してからの方が費用対効果もよく運用できています。その分私たちは社内の業務に集中できるので、本業以外のことは専門家にお任せする方が効率が良いと感じました。

――ありがとうございます。他に良かった点があれば教えてください。

細田様:細かくレポーティングをしていただいている点です。外部に委託する場合、上司に説明し承諾を得てからでないと進められないという部署が多いのではないかと思います。だからこそ、費用対効果の分かるレポーティングをやってくれていて助かっています。

最後に

お話ありがとうございました。リスティング広告と並行してSEO対策を実施されている方の貴重なご意見をお伺いすることができました。弊社ではご要望に応じて週次のレポーティングをしており、お客様の効果検証の回数を増やせるようにしています。今後ともお客様の戦略をスピーディーに広告へ反映できるよう、尽力したいと考えています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。

Page top