このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コンサルティング

キーワードの本質を理解した上で運用できるようになりました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ソニックガーデン株式会社ソニックガーデン / Remotty

仮想オフィスツール『Remotty(リモティ)』を開発されている株式会社ソニックガーデン様。Remottyとは、リモートワークで起こりやすいコミュニケーション不足を解消するリモートワークのための仮想オフィスサービスです。ソニックガーデン様はこれまで自社内でGoogle広告を運用されてきましたが「運用方法をプロに教わり、納得感を持って運用をおこないたい」との想いから、広告運用のコンサルティングをさせていただくことになりました。

さて、本インタビューでは、広告運用のご担当者様からお話をお伺いすることができました。現在、少額で自社運用をしていて「正しい設定方法を教えてほしい」「成果向上のノウハウを知りたい」という方はぜひ参考にしてください。

ユニアドが取り組んだこと

結論から書くと、弊社のコンサルティングの導入前と導入後の結果は以下のとおりです。

表示回数 クリック数 CV数
コンサルティング導入前 15,946 500 4
コンサルティング導入後 11,131 515 6

今回、主に改善した点は以下の3点です。

除外キーワードの追加
今回はリモートワーク 机リモートワーク 椅子などリモートワークで使う家具や家電を検索しているユーザーにも広告が意図せず配信されていました。「机」や「椅子」など無関係キーワードを合計51個除外することで、クリック率を3.10%→4.61%に上げることができました。
18~24歳、65歳以上への広告配信を停止
年齢別の広告配信データを確認したところ、18~24歳、65歳以上の年齢層からコンバージョンが発生していなかったため、該当の年齢層への広告配信を停止しました。除外キーワード同様に年齢ターゲットを絞ることで、無駄クリックを減らすようにしました。
新規キーワードの追加
ヴァーチャル オフィス テレワーク仮想 オフィスなどサービスに関係があり、コンバージョンしている検索語句を合計8個追加しました。また、キーワードプランナーから追加できそうなキーワードを抽出し、テレワーク 管理というキーワードを追加しました。新規キーワードを追加することで表示回数の増加や品質スコアが上がるようにしました。

さて、本インタビューでは、広告運用のご担当者様に導入の経緯や弊社のコンサルティングを受けての感想をお伺いしました。

お客様の声

1. 抱えていた課題と導入の経緯

しっかり設定できているか分からない

弊社の別サービスでGoogle広告を配信したこともあり、広告運用の経験は少しだけありました。

ご依頼当時の状況

  • 広告運用歴:3ヶ月
  • Google広告ヘルプを見ながら独学で運用

まずは自分で広告配信の設定をおこなった上で、Googleの担当者にレビューをしてもらいましたが、本当にできているか不安があり、ご相談させていただきました。

広告運用を委託することについては考えなかった

とはいえ、広告運用自体をすべて委託することについては考えていませんでした。

運用を外部に委託しない理由

  • 社内で知見を深めたい
  • Remotty以外のサービスも取り扱っているので、他のサービスにも応用したい

広告運用とはそもそもどのようなことをするのか

御社にコンサルティングを依頼するきっかけになったのは2点です。

1点目は現状のアカウント設定が本当に正しいのかという不安があったことです。一度専門家の方に見てもらい、アドバイスをいただきたいと思いました。

2点目は広告運用の流れが分からなかったことです。管理画面に提示される最適化案をそのまま信用してよいのか。どこの数字を見て、どのような要素を調整していけば成果が上がっていくのか分かりませんでした。また、CPAやコンバージョン率はどのくらいを目指すべきか、広告運用とはそもそもどのようなことをするのかなどを教えていただきたいと思いました。

2. 弊社のコンサルティングを受けて

ユーザーが実際に検索した語句から新しい発見がある

御社から広告運用のノウハウを学んでからは、これまで見てこなかった検索語句や除外キーワードについても意味を理解した上で調整できるようになりました。ユーザーが実際にどのようなキーワードで流入してきているのかを知ることができたことは、私にとって新しい発見でした。

ユーザーの知りたいことや困っていることを知れる

広告を出す側は、自分たちの感覚で広告を出してしまいがちです。実際にユーザーがどのようなことを知りたいのか、どのようなことに困っているのかを知ることができたのは本当に良かったです。

3. 今後の展望

広告運用のサイクルを続けていく

Google広告やアナリティクスの管理画面にはたくさんの数字が並んでいます。一見ただの数字ですが、画面の向こうには実際にユーザーがいます。ユーザーの動きを想像し、仮説を立てて運用する。その結果を分析して仮説検証をおこなう。この一連のサイクルを続けていこうと思います。

直近の検討事項

  • Google広告からの成約率やLTV次第では規模の拡大を検討
  • 今後、問い合わせ数が鈍化してきたときに広告を使って維持をする

リモートワークにおける「困った」を手助けしたい

新型コロナウイルスの影響でリモートワークを推進しなくてはいけないが、課題が多くどこから手をつければよいのか分からず困っているという担当者の方の声をよく聞きます。実際にリモートワークをする企業の不安を取り除くお手伝いができれば嬉しいです。

4. 最後に

お話ありがとうございました。今回のソニックガーデン様は以前弊社のコンサルティングを受けられた方からのご紹介でご連絡をいただき、ありがたく思います。

広告を自社で運用する選択はまだまだ少ないですが、最近は自社で運用する方が増えてきているのも事実です。現在自社運用をされている方で、広告運用や現状の設定に不安のある方はぜひご相談ください。

「いいね!」ボタンを押すと、最新情報がすぐに確認できるようになります。