このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトリンク表示オプションとは?プロが教える効果的な使い方

サイトリンク表示オプションとは?プロが教える効果的な使い方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「サイトリンク表示オプションって何?」
「どうしたら上手く活用できるの?」

といったお悩みもあるのではないでしょうか。

この記事はそのような方向けに書いています。

梅本
梅本
この記事を読めば、「サイトリンク表示オプションを効果的に使うためのすべて」が分かります。

本記事の要点

  • サイトリンク表示オプション(Yahooではクイックリンク)は、特定のページにユーザーを直接誘導できる。
  • 設定したからといって必ず表示されるものではない。
  • 効果的に設定することで、占有率と品質スコアが上がり、クリック率も向上する。
  • なるべく簡潔なテキストで、最低8つは設定すると良い。
  • 他の広告表示オプションとの併用でより効果的な広告配信ができる。

それでは解説していきます。

サイトリンク表示オプションは、特定のページにユーザーを直接誘導することができる

サイトリンク表示オプションについての特徴を以下にまとめました。

サイトリンク表示オプションの特徴

  • 広告文のリンク先URLとは別に、サイト上にある他のページのリンクを広告に追加し、特定のページにユーザーを直接誘導できる。
  • 複数のリンク先を設定し、多様な目的で使えるため、ユーザーの意図に沿ったサイト誘導が可能。
  • パソコンは最大6つ、タブレットとスマホは最大8つ表示される。
  • その時表示されている広告見出しがクリックされた場合と同じ費用が、サイトリンククリック時に発生する。

例えば、UQモバイルの「オススメ料金プラン」のサイトリンクをクリックすると、料金・サービス紹介のページに飛べるようになっています。

サイトリンク表示オプション
リンク先のページ
サイトリンク先

Yahooではクイックリンクオプションといわれる

サイトリンク表示オプションとはGoogleで使われるもので、Yahoo!広告では、クイックリンクオプションといわれます。

基本的に概要は同じですが、クイックリンクオプションの場合、最大6つまでの表示となります。

クイックリンクオプション

新機能!Yahooにも説明文が表示できる「拡張クイックリンク」の提供が開始

Yahoo!広告の「クイックリンクオプション」には、今まで説明文は表示されていませんでした。

しかし、2019年10月16日より、クイックリンクオプションに説明文が追加できる「拡張クイックリンク」の提供が開始されました。

拡張クイックリンクとは

  • 説明文1と説明文2の2つで構成されている。
  • 半角35文字以内(全角17文字以内)で設定できる。
  • 従来のクイックリンクリンクに加え、リンク先ページの内容も記載することができる。

他にも新しくなったYahoo!のクイックリンクオプション

Yahoo!のクイックリンクオプションでは、拡張クイックリンクの他にも、さまざまな機能がアップデートされています。

配信デバイスの廃止

クイックリンクオプションで設定できた「配信先デバイス」の機能が廃止され、「優先デバイス」の設定へと変更になりました。

今後は、PC・タブレット・スマートフォン全てに配信され、その中で指定したデバイスには優先配信されるという仕様です。

以前「配信先デバイス」を「スマートフォン」に設定して配信していた場合は、「優先デバイス」で「スマートフォンに優先的に配信」が選択されているか確認することをおすすめします。

サイトリンクとコールアウトの違い

コールアウト表示オプションとは

自社のサービス・商品の特徴や情報を広告の下に表示できる機能。(Yahoo!広告では、「テキスト補足オプション」)

コールアウト表示オプション

サイトリンクとの違い

  • リンク先は設定できない。
  • 説明文などは無い。
  • 最大10個まで表示可能。
  • 広告見出しやサイトリンクで伝えきれない内容をアピールするのに活用。(期間限定特典やお支払い情報など)

▼あわせて読みたい
コールアウト表示オプションって何?特徴と効果的な使い方を徹底解説

サイトリンクを設定すると、占有率と品質スコアが上がり、クリック率も向上する

サイトリンク表示オプションを設定すると得られるメリットが3つあります。

メリット

  • メリット①:占有率の増加
  • メリット②:クリック率向上
  • メリット③:品質スコア向上

メリット①:占有率の増加

サイトリンク表示オプションを追加することで、情報量も広告の面積も増えるため、ユーザーの目にとまりやすくなります。

メリット②:クリック率の向上

占有率の増加と共に、色々なユーザーのニーズに合った広告訴求・サイトへの誘導が可能なので、クリック率もアップします。

平均クリック率15%~30%の増加が見込まれます。

メリット③:品質スコアの向上

サイトリンク表示オプションは設定するだけで品質スコアが上がるといわれています。

品質スコアが上がると、広告が表示されやすくなります。

設定するだけで広告が表示されやすくなるほど良いことはないので、ぜひ設定をおすすめします。

サイトリンク表示オプションの注意ポイント

サイトリンク表示オプションをより効果的に使うためにも注意するポイントが6つあります。

  • ポイント①:設定したからといって必ずしも表示されるわけではない。
  • ポイント②:同じURLやコンテンツを複数のサイトリンクで使用しない。
  • ポイント③:同じリンクテキストを複数のサイトリンクで使用しない。
  • ポイント④:ドメイン以外のURLには繋げられない。
  • ポイント⑤:最低8つは設定する。
  • ポイント⑥:テキストはなるべくコンパクトに分かりやすく。
  • ポイント⑦:説明文を追加する。
  • ポイント⑧:関連性は明確に。
  • ポイント⑨:句読点や記号の扱いには注意。

ポイント①:設定したからといって必ずしも表示されるわけではない。

サイトリンク表示オプションは、設定したからといって、必ずしも表示されるわけではありません。

広告ランクが一定以上の値でないと表示されず、その他にも広告の掲載順位や、広告とサイトリンクの関連性など、明確な要素や数字は公開されていません。

ポイント②:同じURLやコンテンツを複数のサイトリンクで使用しない。

複数のサイトリンクのリンク先として、同じURLや同じ内容のページを設定するすのはガイドラインに違反しています。

不承認にはならなくても、表示されない可能性が高いです。

また、テキスト広告のリンク先と同じURLも設定できません。

ポイント③:同じリンクテキストを複数のサイトリンクで使用しない。

同じリンクテキストを複数のサイトリンクで設定することはガイドライン違反です。

また、広告見出しや説明文と同じテキスト、他の広告表示オプション(コールアウトなど)と同じテキストも設定できません。

一つ一つ、クリエイティブに魅力的なリンクテキストを考えることが大事です。

ポイント④:ドメイン以外のURLには繋げられない。

広告のリンク先URLのドメインと一致しないリンクはサイトリンクに設定できません。

ただし、Facebook・Twitter・YouTubeなどのSNSは、リンクテキストからリンク先の内容がわかるようにすれば設定可能です。

「ペライチのサイトだからサイトリンクが使えない・・」とお悩みの方でも、SNSを活用してサイトリンクを設定することで広告がより魅力的になります。

ポイント⑤:最低8つは設定する。

表示機会を増やすためには、なるべく多くのサイトリンクを設定することが大切です。

サイトリンク表示オプションは、スマホやタブレットでは最大8つ表示されるため、最低でも8つは登録しておくことをおすすめします。
Yahoo!広告に関しては最大6つの表示となります。

Googleは複数あるサイトリンクをローテーションすることで、最も成果のよいサイトリンクを特定することができます。

ポイント⑥:テキストはなるべくコンパクトにわかりやすく。

サイトリンクのテキストは、出来るだけコンパクトに、そしてユーザーに分かりやすい表現であることが大切です。

長く複雑なテキストより、簡潔なテキストほど表示機会が増え、特にモバイルユーザーにも好まれるため、効果的といわれています。

ポイント⑦:説明文を追加する。

サイトリンク表示オプションの説明文を追加することを強く推奨します。

説明文を加えることで、よりユーザーにページの内容が伝わると同時に、広告全体も魅力的になります。

説明を追加しても表示できるサイトリンクの数は減りません。

ポイント⑧:関連性は明確に。

サイトリンク表示オプションは、広告している商品・サービスや、広告見出しと関連性が無くてはいけません。

さまざまな商品を取り扱っているサイトで、広告見出しではレディースの服を宣伝しているのに、サイトリンクで家電を宣伝していると、ユーザーからしても意味が分からないのと同時に、不承認になってしまう可能性が高いです。

ポイント⑨:句読点や記号の扱いには注意。

ユーザーの目を引くことだけを目的とした不要な句読点や記号の仕様は不承認になる可能性が高いです。

句読点や記号を上手く活用することは、たしかに魅力的な広告を作る一つの施策ではありますが、使いすぎや使い方には十分注意する必要があります。

サイトリンクの仕様と設定方法

サイトリンクとクイックリンクの仕様はほとんど同じ

Googleのサイトリンク表示オプションと、Yahoo!広告のクイックリンクオプションでは、設定できる項目は同じです。名称が少し違うだけです。

Google サイトリンク表示オプション Yahoo クイックリンクオプション
リンクテキスト(半角25文字、全角12文字以内) クリックリンクテキスト(半角25文字、全角12文字以内)
説明文1(半角35文字、全角17文字以内) 説明文1(半角35文字、全角17文字以内)
説明文2(半角35文字、全角17文字以内) 説明文2(半角35文字、全角17文字以内)
最終ページURL 最終リンク先URL
モバイル用URL(任意) スマートフォン向けURL(任意)
トラッキングテンプレート(任意) トラッキングURL(任意)
カスタムパラメータ(任意) カスタムパラメータ(任意)
デバイス設定(すべてorモバイル優先) 優先デバイス(すべてorモバイル優先)
開始日・終了日(任意) 開始日・終了日(任意)
曜日・時間帯(任意) 曜日・時間帯(任意)

Googleサイトリンク表示オプションの設定方法

サイトリンク表示オプションは以下の方法で設定します。
①「広告と広告表示オプション」をクリック。
②「広告表示オプション」をクリック。
③「サイトリンク表示オプション」を選択。
サイトリンク表示オプションの設定方法
④必要項目を入力して保存すれば完了。
 

Yahooクイックリンク表示オプションの設定方法

クイックリンク表示オプションは以下の方法で設定します。
①「広告表示オプション」をクリック。
②広告表示オプションの種類を「クイックリンクオプション」に選択。
③「オプション一覧」をクリックし、「オプション作成・編集」を選択。
④1件追加する場合は「1件ずつ作成」を、まとめて追加する場合は「一括作成」をクリック。
⑤必要項目を入力して保存すれば完了。

サイトリンク表示オプションはさまざまな方法で効果的な使い方が可能

サイトリンク表示オプションはさまざまな方法で活用が可能です。

  • 商品/サービスのカテゴリごとに設定
  • ターゲットごとに設定
  • 期間限定キャンペーン・プロモーション・セールを宣伝
  • 特集を設定
  • ユーザーのニーズに合わせて設定
  • ブランドごとに設定
  • よく見られるページを設定
  • 信用を高められるページ(口コミなど)を設定

例①:地域毎のページへ誘導

例えば、全国に店舗のあるヘアサロンの場合、サイトリンク表示オプションで各地域のページを宣伝できます。

そうすることで、ユーザーの地域にあった店舗ページに直接誘導することができ、より多くの流入が予想できます。

例②:ユーザーがよく訪問するページへ直接誘導

Google Analyticsで良くユーザーが訪れるページを確認し、そのページをサイトリンクとしてユーザーに広告をクリックする前からアピールすることで、より多くの流入を期待できます。

例えば、あるファッションサイトで、「アウター」「ブーツ」「デートコーデ」の3ページに多くのユーザーがよく訪問する場合です。

  • サイトリンク①:2020年冬人気のアウター
  • ランディングページ①:「アウター」ページ
  • サイトリンク②:暖かいオシャレブーツ
  • ランディングページ②:「ブーツ」ページ
  • サイトリンク③:冬の褒められデートコーデ
  • ランディングページ③:「デートコーデ」ページ

ユーザーに良く見られているページは、Google Analyticsで確認が可能です。
「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」→「ページタイトル」で確認できます。

Google Analytics ユーザーに良く見られているページ

サイトリンク以外の広告表示オプションも使用する

広告表示オプションには、サイトリンクの他にも、「コールアウト」や「構造化スニペット」や「価格表示オプション」など複数あります。

これらと上手く併用することでより効果的に広告を配信できます。

例えば、サイトリンクで信用を高められるページやユーザーが良く訪れるページを設定し、構造化スニペットでサービス内容を紹介するなどの方法があります。

まとめ

本記事で解説した「サイトリンク表示オプション」について要点をまとめます。

  • サイトリンク表示オプション(Yahooではクイックリンク)は、特定のページにユーザーを直接誘導できる。
  • 設定したからといって必ず表示されるものではない。
  • 効果的に設定することで、占有率と品質スコアが上がり、クリック率も向上する。
  • なるべく簡潔なテキストで、最低8つは設定すると良い。
  • 他の広告表示オプションとの併用でより効果的な広告配信ができる。

サイトリンク表示オプションで、より多くの情報をユーザーにアピールし、魅力的な広告にしましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インハウスリスティング支援インハウスリスティング支援
ユニアドWANTEDLYユニアドWANTEDLY
梅本 紀子

この記事を書いた人梅本 紀子

株式会社ユニアドSEMコンサルタント。
冬はマイナス30度になるアメリカ・ミネソタ州の大学を卒業後、エンジニアとして就職。日本の広告代理店に勤めた後、現在は冬でも30度のフィリピンに住みながら、遠隔で業務に携わっている。日本に留まらず、海外のリスティング広告運用ノウハウや最新情報もお届けします。