2015.12.14リスティング広告

【コールアウト表示オプション】基本設定と効果的な作成方法

コールアウト表示オプションの設定方法など+α

こんにちは。
今回は、コールアウト表示オプションの設定方法について解説をしたいと思います。

広告表示オプションについては「サイトリンクなどの広告表示オプションは必ず設定しよう」をご確認ください。それでは見ていきましょう。

コールアウト表示オプションとは

▼コールアウト表示オプションの掲載例
photo_210207_1

コールアウト表示オプションとは、広告表示オプションのひとつで、キャッチフレーズやサービスの特徴などをユーザーに訴求することができます。なお、サイトリンクとは異なり、リンク機能はないので、クリックすることはできません。

設定ルール

  • 全角12文字以内
  • 一般のテキスト広告とレギュレーションは同じ
  • 不必要な記号や句読点の多用はNG

Googleコールアウトについてさらに詳しく調べたい場合は、下記URLを参考にしてください。

AdWords 広告掲載のポリシー
https://support.google.com/adwordspolicy/answer/6084196

設定方法

1. 対象のキャンペーンを選択し[広告表示オプション] > [コールアウト表示オプション]を選択します。
photo_210207_2

2. [+広告表示オプション]ボタンをクリックします。
photo_210207_3

3. [+新しいコールアウト]ボタンをクリックします。
photo_210207_4

4. 全角12文字以内で入力し[保存]ボタンをクリックします(スマホ専用をコールアウトを設定したい場合は[デバイス設定]をチェックします。)
photo_210207_5

5. コールアウトを2つ以上作成したら[保存]ボタンをクリックします。
photo_210207_6

効果的な作成方法

コールアウトは2~4つ表示されるので、シンプルなキャッチフレーズがより効果的です。また、「24時間サポート」などの数字訴求やシーズン訴求も効果があります。その他、セールなどの告知やCMキャラクターの名前を入れて説明文の補完的な役割として活用することもできます。

まとめ

コールアウトを設定することで、クリック率やコンバージョン率の上昇が期待できます。特に、社名キーワードは、コールアウトを表示できる可能性が高いので、必ず設定しましょう。どの広告主もコールアウトを設定していることが多いので、積極的に導入してくださいね。

このエントリーをはてなブックマークに追加