このエントリーをはてなブックマークに追加

【徹底解説】絞り込み部分一致の最適な使い方を完璧マスター

【徹底解説】絞り込み部分一致の最適な使い方を完璧マスター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マッチタイプを上手く使いこなすことは、リスティング広告を成功させる一つの重要なポイントですが、簡単ではありません。
特に絞り込み部分一致は扱い方が複雑です。

「絞り込み部分一致の使い方がわからない」
「絞り込み部分一致ってそもそもどんなもの?」

この記事はそのような方向けに書いています。

梅本
梅本
この記事を読めば、絞り込み部分一致を効果的に使い、リスティング広告の成果を挙げる方法が分かります。

本記事の要点

  • 広すぎず・狭すぎずの絶妙な範囲を対象とし、非常に使い勝手の良いマッチタイプ。
  • 効果的に使うには、他のマッチタイプのキーワードとの併用や除外キーワードの見直しなどが重要。

それでは詳細を説明していきます。

絞り込み部分一致とは、キーワードやその類似が含まれる場合

絞り込み部分一致レンポジ1

マッチタイプには、「部分一致」「絞り込み部分一致」「フレーズ一致」「完全一致」の4つがあります。

各マッチタイプの概要と、絞り込み部分一致との違いをご説明します。

絞り込み部分一致の特徴

  • 語句の前に「+」を付ける。
    (※全角だと文字になるので注意。)
  • 設定したキーワードやその類似パターンの検索語句に対して表示。
    (類似:タイプミス、表記のゆれ、略語などが含まれる)
  • 類義語や関連語は含まれない。
  • キーワードの前後や間に別の語句がある場合は含まれる。
  • 広すぎず狭すぎないターゲットに広告を提示することが可能。

例えば、+東京 +結婚式場でのキーワードの場合

広告表示される語句:東京 結婚式東京 結婚式場 おすすめ
広告表示されない語句:東京 ウエディング

絞り込み部分一致と部分一致の違い

部分一致とは

キーワードに追加した語句だけでなく、関連する語句に対しても広告が表示される。

絞り込み部分一致との違いは以下です。

  • 部分一致:より広い範囲の検索語句を含む。
  • 部分一致:関連語句や類義語、ユーザーの最近の検索内容も含む。
  • 部分一致:クリック率が低い。
  • 部分一致:機会損失の恐れが少ない。

例えば、東京 結婚式場でのキーワードの場合

広告表示される語句:東京 ウエディング表参道 結婚式場
広告表示されない語句:東京 神社婚

絞り込み部分一致とフレーズ一致との違い

フレーズ一致とは

指定したキーワードと一致する、もしくは類似するフレーズが含まれる場合に広告が表示される。

絞り込み部分一致との違いは以下です。

  • フレーズ一致:キーワードの順序(前後)が重要。
  • フレーズ一致:キーワードの間に別の語句がある場合、広告は表示しない。
  • フレーズ一致:キーワードの前後が逆の場合、広告は表示しない。

例えば、“東京 結婚式場”でのキーワードの場合

広告表示される語句:東京 結婚式場
広告表示されない語句:結婚式場 東京

絞り込み部分一致と完全一致との違い

完全一致とは

指定したキーワードと一致する、もしくは類似する語句の場合に広告が表示される。

絞り込み部分一致との違いは以下です。

  • 完全一致:かなり範囲を絞ったターゲットが対象。
  • 完全一致:キーワードの間や前後に別の語句がある場合、広告は表示しない。

例えば、[東京 結婚式場]でのキーワードの場合

広告表示される語句:東京 結婚式場結婚式場 東京
広告表示されない語句:東京 おすすめ 結婚式場東京 結婚式場 人気

各マッチタイプで同じキーワードを設定した場合

同じキーワードでもマッチタイプが異なると、ユーザーが検索したどのキーワードに対して広告を表示するかも異なります。

東京 結婚式場のキーワードをそれぞれのマッチタイプで設定した場合、検索語句が反応する範囲は下図のようになります。
(※検索語句=ユーザーが実際に検索した語句)

「東京 結婚式場」のキーワードをそれぞれのマッチタイプで設定

絞り込み部分一致のメリット:広すぎず狭すぎずの範囲で柔軟に拡張してくれる

絞り込み部分一致のメリットは3つあります。

絞り込み部分一致のメリット

  • メリット①:想定範囲内でターゲットを最大限に拡張してくれる。
  • メリット②:キーワード管理がしやすくなる。
  • メリット③:部分一致に比べるとクリック率が高い。

メリット①:想定範囲内でターゲットを最大限に拡張してくれる。

ユーザーの検索意図から大きく外れることなく、想定しうるユーザーの対象範囲を最大限に拡張してくれます。

絞り込み部分一致ではある程度対象範囲を絞ることができ、部分一致で見られる様な全く関係ないユーザーは対象外となります。

一方でフレーズ一致とは異なり、語順が前後したり、キーワードの間に別の語句が入ったりしても広告は表示されるため、見込みユーザーの獲得も期待できます。

メリット②:キーワード管理がしやすくなる。

同じキーワードを、より幅広い範囲を対象とする「部分一致」で登録した場合、無駄な配信を避けるため、より多くの除外キーワードの設定が必要です。

より狭い範囲を対象とする「フレーズ一致」や「完全一致」で登録した場合、機会損失を避けるため、より多くのキーワードを登録する必要があります。

柔軟に拡張してくれる「絞り込み部分一致」であれば、登録が必要な除外キーワードや追加キーワードの数が減り、管理がしやすくなります

メリット③:部分一致に比べるとクリック率が高い。

部分一致と比べると、絞り込み部分一致の方がよりキーワードに近い検索語句で広告を表示するため、クリック率も高くなります。

クリック率が低くて苦戦している場合は、マッチタイプを絞り込み部分一致に変更するとよいです。

絞り込み部分一致のデメリット:絞り込みすぎて機会損失の恐れがある

部分一致から絞り込み部分一致に変更することで、広告の配信対象を予想以上に絞り込みすぎている可能性もあります。

その場合、以下の様な問題につながります。

  • 広告の配信量が減る。
  • コンバージョンの可能性のあるキーワードからの流入を途絶えてしまうかも。

より多くのユーザーに広告を配信したい場合はデメリットとなります。

絞り込み部分一致を使う際は、複数のキーワードを登録して、広告の表示範囲を狭めすぎていないか注意するのが最適です。

絞り込み部分一致を効果的に使う方法3選

一見どうやって使えばいいのか難しい絞り込み部分一致。

そんな絞り込み部分一致の効果的な使い方を3つご紹介します。

効果的に絞り込み部分一致を使う方法3選

  • 方法①:部分一致と掛け合わせて使う。
  • 方法②:定期的な検索クエリと除外キーワードの見直しをおこなう。
  • 方法③:キーワードに合わせて入札単価で配信調整する。

方法①:部分一致と掛け合わせて使う。

絞り込み部分一致キーワードのみの使用は、機械損失の恐れがあります。

より広い範囲を対象とする部分一致と掛け合わせて使うことで機械損失を抑えた配信ができます。

ただし、部分一致のキーワードに配信が偏らないよう、部分一致の入札価格を低めにし、配信量を調整する必要があります。

方法②:定期的な検索クエリと除外キーワードの見直しをおこなう。

絞り込み部分一致は、部分一致のようにかけ離れた検索語句には広告を表示しないものの、新たなキーワード拡張や除外キーワードの設定のために、定期的なキーワード見直しが必要です。

検索クエリを見直し、まだ登録されていない検索語句は新しいキーワードとして追加し、不要な検索語句は除外キーワードとして設定します。

方法③:キーワードに合わせて入札単価で配信調整する。

絞り込み部分一致は想定範囲内で拡張するとは言えども、1語や2語のキーワードはかなり検索ボリュームも多く、ユーザーがコンバージョンする可能性も低くなります。

キーワード毎に入札単価を調整し、広告の配信をコントロールすることでより効果的な広告配信が可能です。

例えば、赤坂にある神社の結婚式の広告の場合。
東京 結婚式:コンバージョンの可能性が低い ➡ 入札を低くする
赤坂 結婚式 神社:コンバージョンの可能性が低い ➡ 入札を高くする

絞り込み部分一致は、品質スコアが低いとき・キーワード管理が大変なときに使う

数あるマッチタイプの中で、絞り込み部分一致はいつ使えばよいのか。

絞り込み部分一致の効果を最大に発揮してくれる場面が2つあります。

絞り込み部分一致を使う場面

  • 品質スコアを上げたいとき
  • キーワード管理を効率よくしたいとき

場面①:品質スコアを上げたいとき

品質スコアが低い原因のひとつに、部分一致キーワードであまりに多くの無関連な検索語句で広告が配信され、品質スコアを決める要素である「クリック率」や「広告の関連性」が低くなっていることがあります。

この場合は、絞り込み部分一致でキーワードの範囲を少し狭めることで、適切なキーワードで広告を表示でき、品質スコアも改善されます。

場面②:キーワード管理を効率よくしたい

除外キーワードの設定や、多数のキーワード登録が必要でキーワード管理に多くの時間や労力を割きすぎていませんか?

  • 部分一致のキーワードを使っていて、無関係なキーワードを拾わないようにとあまりに多くの除外キーワードを設定する必要がある場合。
  • 完全一致やフレーズ一致で漏れがないようあまりに多くのキーワードを登録する必要がある場合。

このような場合、広すぎず狭すぎず柔軟に拡張してくれる絞り込み部分一致を使用した方が効率がよいです。

より幅広いユーザーに広告配信したいとき・キーワードを拡張したいときは部分一致を使う

こんな時には部分一致を使うべき、といった場面を2つ紹介します。

幅広いターゲットに広告を配信したいとき

サイトへの集客などの認知目的でリスティング広告をおこなう場合、潜在層も含んだより多くのユーザーに広告を配信します。

そのようなとき、他のマッチタイプに比べ、広告表示の対象となる検索語句が広い部分一致は最適です。

キーワードを拡張したいとき

新しいキーワードを追加したいけど、どんなキーワードを追加したらよいか分からない場合などにも、部分一致は適しています。

部分一致では設定した語句だけでなく、関連する語句や類似する語句にも広告を配信してくれるため、そういった語句から新たなキーワードを見つけることができます。

まとめ:絞り込み部分一致は、柔軟に拡張してくれる使い勝手のよいマッチタイプ

本記事で解説した「リスティング広告のマッチタイプ『絞り込み部分一致』」についての要点は以下です。

  • 柔軟に拡張してくれるマッチタイプ。
  • 他のマッチタイプのキーワードとの併用が重要。
  • 除外キーワードの見直しも大事。
  • 品質スコアを上げたいときは絞り込み部分一致がおすすめ。
  • キーワード管理を楽にしたいときも絞り込み部分一致が最適。

キーワードはリスティング広告の肝です。
他のマッチタイプとも組み合わせて、より効果的な広告配信を目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
インハウスリスティング支援インハウスリスティング支援
ユニアドWANTEDLYユニアドWANTEDLY
梅本 紀子

この記事を書いた人梅本 紀子

株式会社ユニアドSEMコンサルタント。
冬はマイナス30度になるアメリカ・ミネソタ州の大学を卒業後、エンジニアとして就職。日本の広告代理店に勤めた後、現在は冬でも30度のフィリピンに住みながら、遠隔で業務に携わっている。日本に留まらず、海外のリスティング広告運用ノウハウや最新情報もお届けします。